高血圧の予防のために日々の食生活でどんなことに気を付けるべき?

スパイスを活用する

高血圧を予防するためには、病院でまず指導されるのが減塩であることからも分かる通り、塩分を節制することがとても大切なことです。

しかし、それまでほとんど塩分量を気にすることなく生活してきた人にとっては、塩分を減らすことになかなか難しさを感じることもあるかもしれません。

特に、濃い味付けに慣れている人は苦労が何かと多いことでしょう。

薄く感じる味付けではおいしいはずのおかずがそれほどおいしいとは感じられず、なかなかご飯もすすまず、食事が楽しくなくなるかもしれません。

この時におすすめの方法がスパイスなどの調味料やうまみ成分、塩分を含まない付け合わせを活用すると言うことです。

例えばこれまで濃い味の味噌汁に慣れた人がいきなり味噌の量を減らすと、非常に味気ない感じがするものです。

そこで、普段よりもダシを多くとるようにして味噌の量を減らせば、塩分の量は減っているにもかかわらず味付けが薄いと感じることが少なく、おいしく食べることができます。

この他にも、例えば塩コショウを掛けて肉を食べる時、塩とコショウを別に使うのもよいでしょう。

塩を少なめにかけ、コショウを多めにかけるのです。

つまり、塩コショウでは塩と胡椒の比率が仮に1:1であったものが、これを別々にかけることで0.5:1.5くらいの比率にして食べることで、塩分の量を減らしながらもおいしく食べることが可能です。

付け合わせを活用する

この他、付け合わせを活用すると言うのも効果的です。

例えば牛丼を食べる時、味が濃いものを楽しみたいと思ってつゆだくを頼んでいたならば、つゆだくではないものを注文して紅ショウガを乗せてみるのです。

ただ普通のものに変えただけでは味気なく感じてしまうかもしれませんが、紅ショウガを合わせて食べることでそれが刺激となり、おいしく食べることができます。

同様に、カレーに醤油やソースを掛けて食べていた人も、それを掛けずに少量の福神漬けやラッキョウを活用してみるとよいでしょう。

特にラッキョウの酢漬けには血液をサラサラにする効果もあるのでお勧めです。

これらの付け合わせには塩分が含まれていますが、醤油やソースはついつい掛け過ぎてしまうことも多いため、これらの付け合わせを活用することで減塩に成功すると思います。

以上のように、高血圧の食事療法はちょっとした工夫で随分簡単になるのです。

このページの先頭へ