高血圧の予防に役立つものとは?

高血圧に効く緑茶・ほうじ茶・紅茶

高血圧予防のために役立つものは色々ありますが、中でもオススメなのは緑茶、ほうじ茶、紅茶です。

これらは飲み物であるため、食後やリラックスタイム、あるいは仕事をしながらでも、日常生活の色々なところで飲むことができるので長続きするのも利点です。

緑茶にはカテキンと言う成分が含まれています。

カテキンには血圧を下げる効果があることが分かっており、マウス実験ではカテキンを配合した餌を食べたマウスは血圧の上昇が抑えられたことが明らかになっています。

人間においても同様で、緑茶を飲む習慣がある人はそうでない人に比べて血圧が上昇しにくくなります。

カテキンを含んでいるお茶は緑茶だけではなくほうじ茶にも含まれています。

両者の大きな違いを挙げるならば、カフェインが含まれているかどうかということです。

緑茶にはカフェインが含まれているのに対し、ほうじ茶にはカフェインがほとんど含まれていません。

したがって、味がどちらが好きかということに加えて、カフェインの有無も考慮に入れるとよいでしょう。

カフェインが体質的に合わない人や、不眠症気味の人などはカフェインのないほうじ茶を飲むとよいでしょう。

紅茶にはフラボノイドが含まれています。

これが血管の健康を保つために役立ってくれるため、血圧を下げることにつながります。

高血圧に効くオレンジジュース

このほかに効果が確認されている飲み物と言えばオレンジジュースがあります。

オレンジジュースを毎日2杯飲むことで血圧を下げる効果が得られると言うことは、米国食品医薬局も認めているところです。

これは、オレンジジュースにカリウムがたくさん含まれていることによります。

カリウムは過剰摂取した食塩を排尿を通して排出することを助ける利尿作用を持っていることから、高血圧に効果があるのです。

したがって、オレンジジュースのほかにもトマトジュースやグレープフルーツジュースなどもカリウムを含む飲み物なので、同様の効果が得られると言えます。

このことを利用すると、日常生活のなかで高血圧対策がしやすくなると思います。

つまり、仕事の関係でしかたなく外食をしているひとが、塩分が気になった時にこれらのジュースを買って飲むことで、意識的に塩分を排出することができるからです。

注意すべきはトマトジュースです。

トマトジュースには塩分が添加されているものがあるため、無添加のトマトジュースを飲むように注意しましょう。

このページの先頭へ