高血圧の予防にはどのくらいの費用がかかるの?

多くの予防法はお金いらず

病気の予防を行う時には、ワクチンの接種や健康食品の摂取などを行うと役立つ物も多く、その場合には費用がかかることとなります。

しかし、日常生活の改善によって予防を測ることができる病気の場合には、ほとんどお金はかかりません。

高血圧も日常生活を改めることが大切な病気であるため、費用がかかることはほとんどないのです。

例えば高血圧の予防に最も有効な手段は減塩ですが、これを行うのにお金は一切かかりません。

ただ塩を減らすだけでよいのです。

むしろ、塩分を減らすために外食の機会を減らすことになれば、外食による出費を節約することさえ可能です。

このほかにも食べ過ぎを減らすことやお酒の飲みすぎを減らすことが予防法になりますが、これも食費と酒代による出費が減るため、お金いらずどころか出費を抑えることさえできるのです。

サプリメントを服用する場合

ただし、サプリメントを摂取する場合は別です。

例えばカリウムのサプリメントはお勧めです。

カリウムには余分な塩分を尿とともに体外に排出する働きを持っているからです。

日本人の平均的な食生活においては、推奨されているカリウムを摂取することは難しいとされています。

したがって、トマト、バナナ、オレンジなどから意識的に摂取していくことができる人は良いのですが、毎日続けてこれを摂取することはなかなか難しいものです。

そこで、カリウムをサプリメントによって摂取することが役立ちます。

1ヶ月当たり数百円も出せばカリウムは買うことができるため、高血圧を良く予防していくためにはこの程度の出費が考えられます。

このほか、カリウムよりもやや高めのサプリメントとして、ゴマペプチドやDHAなどのサプリメントも血圧をコントロールすることに役立つとされているため、自分の体質に合うものを選んでみるとよいでしょう。

こちらも1000円前後の値段で買うことができるでしょう。

サプリメントによる予防に取り組むことは良い方法だと言えます。

特定の栄養素を毎日簡単に摂取することができるからです。

しかし、あくまで補助的なものですから、日常生活で様々なことに気を付けておき、さらにサプリメントを摂取するという姿勢を忘れないことが大切です。

以上のように、ほとんどお金を掛けずに予防を行うことができます。

高血圧予防に効果的と謳う高価なサプリメントも存在しますが、そのようなものは服用せずとも十分に予防することができるのです。

このページの先頭へ