食中毒の予防方法とは?

食中毒の予防法

食中毒を予防するためには、細菌を体内に入れないようにしなければなりません。

これが予防の基本的な考え方であり、ここから細菌を付着させないこと、細菌の量を増やさないこと、殺菌することが大切だと言うことが分かります。

そのために習慣にすべきことが3つあります。

  • 手を洗うこと

手から食品へと細菌が感染することがあります。

おにぎりやサンドイッチなどによる感染は大体がこの類です。

したがって、トイレの後、食事前、調理前などには手を十分に洗って細菌を洗い流すようにしましょう。

もちろん、洗った後は清潔なタオルでふくことも大切です。

  • 食品を洗うこと

野菜や魚介類などを調理する際には、事前にしっかりと洗うことが大切です。

こうすることによって食品についている細菌を洗い流すことができます。

サラダにする野菜などは特に良く洗うようにしましょう。

  • よく加熱すること

ほとんどの細菌は加熱によって死滅します。

したがって、火を通すべき食品は煮る・焼く・炒めるなどしてしっかりと加熱して滅菌を行います。

魚や肉などは特によく加熱して十分に火が通ってから食べるようにするほか、調理後にはできるだけ早く食べることも大切です。

スープや味噌汁などを食べる時にも、ただ温めると言うのではなくしっかりと加熱することが大切です。

より詳細な方法

上記の事をより詳細に書いていきます。

  • 風呂の水は毎日取り換える(患者が入った後のお湯に乳幼児を入浴させない)。
  • 患者の吐しゃ物や便を片づけた場合には良く手を洗う。
  • 買い物をする時、水分が漏れるものは一つずつビニール袋に入れる。
  • 商品の回転が良い店で買う(新鮮なものを選ぶ)。
  • 冷蔵庫に保存するときは詰めすぎに注意し、熱いものは冷やしてから入れる。
  • キッチンの掃除は調理の1時間前までに行う。
  • 調理の時の菜箸と皿に盛る配膳の箸は別のものを使う。
  • 皿を洗うスポンジは、使い終わったら中の汚れと洗剤をよく揉みだして直射日光で乾かす。
  • まな板は包丁の傷目に沿ってしっかりと汚れを落とし、熱湯か漂白剤で殺菌をし、直射日光に当てて乾燥させる。

このように細かな予防をしていくことによって、食中毒の病原菌と触れる機会を着実に減らすことができます。

面倒だと感じることもあるかもしれませんが、これらのうち一つあたりにかかる時間や労力はそれほどでもありませんから、その都度少しの配慮をして予防していきましょう。

このページの先頭へ