食中毒の予防のために日々の食生活でどんなことに気を付けるべき?

卵に気を付ける

日々の食生活において、食中毒を予防するために特に気を付けたい物の一つに卵があります。

卵はニワトリから生み出される時に、殻にサルモネラ菌が付着してしまうからです。

通常、スーパーなどで売られている卵は洗浄・消毒してからパック詰めされて流通しているため、これがサルモネラ菌を媒介することはほとんどありません。

しかし、田舎で小売されている生み立て卵のようなものは洗浄・消毒されていない卵もあります。

鮮度などを考えてこちらの卵を好んで食べる人もいますし、事実おいしいことに間違いはありません。

しかし、これを買った時には汚れを確認して汚れがある時にはしっかり拭きとってから冷蔵庫で保存し、調理前にはしっかりと洗って十分に加熱してから食べる必要があります。

肉にも注意

牛レバーによって腸管出血性大腸菌による食中毒が発生したことで、レバーの生食が禁止されたことは記憶に新しいですが、レバーだけではなく鶏肉によってもカンピロバクターによる食中毒が発生する等、とかく食肉の生食には食中毒が付きまといます。

そのため、肉を食べる時にはできるだけ生食は避け、加熱してから食べるべきです。

とくに小さい子供や高齢者などの抵抗力が弱い人は、特に生食を避けることが大切です。

肉による食中毒の厄介なところは、見た目や臭いで判断できないところです。

食品の中には臭いによって危険であることが分かるものも少なくないのですが、肉はそれができないため、しっかりと焼くことが大切です。

赤い部分がなくなるまでしっかりと火を通す他、生肉をつかむ箸と食べる時の箸は別々にすることも大切です。

弁当作りの知恵

特に夏場に多いことですが、弁当から食中毒に罹ることは珍しくありません。

弁当は作ってから食べるまで時間が空くため、細菌が増殖してしまうこともあるのです。

弁当による食中毒を防ぐためにはイカのことが必要です。

  • 調理前に良く手を洗う
  • 弁当箱(とくにふたのパッキン部分)を良く洗う
  • 洗った後は自然乾燥させる
  • 電子レンジを使う時にはむらなく温める
  • おにぎりを作るときはラップを使う
  • 水気を良く切って詰める
  • 蒸気の発生を防ぐため、ご飯やおかずは冷ましてからふたをする
  • なるべく涼しいところに保管する
  • ピクニックなどで長時間持ち歩くときは保冷剤を使う
  • 火の当たるところにおかない

以上の点に気をつけるだけで、食中毒のリスクを格段に下げることができます。

このページの先頭へ