風邪の原因とは?

風邪の原因

風邪の正式名称は風邪症候群といい、上気道に炎症を起こした状態の総称をいいます。

ウイルスが上気道の粘膜に感染することによって、くしゃみ、鼻づまり、鼻水、咳、たん、のどの痛み、発熱などが起こります。

原因はウイルスや細菌への感染です。

人間の鼻やのど、気管といった呼吸器には、吸い込んだ外気に含まれるゴミや細菌、ウイルスなどを付着させる粘液が備わっており、ここに絡め捕った異物を繊毛運動によって外に出そうとする防御構造を持っています。

このとき、免疫機能が衰えているなどの理由によって、粘液から感染することになります。

感染源の80~90%はウイルスであり、この他の10~20%に細菌などが含まれます。

感染源として分かっているウイルスは200種類以上にものぼり、どのウイルスが感染して風邪を引き起こしたかと言うことを特定することは難しいため、ワクチン接種などは行いません。

また、ウイルスは同じウイルスでも複数の型が存在し、それが徐々に変異していく性質を持っていることも、繰り返し風邪をひいてしまう理由と言えます。

また、風邪の症状はウイルスと闘っている状態です。

つまり、喉の粘膜に炎症が起こって痰や咳が出ると言うのは、粘膜に感染しているウイルスを外に出そうとする働きなのです。

くしゃみや鼻水もこれに当たります。

また、発熱は体温調節中枢を刺激することで免疫の働きを活発にしています。

人間は1年間のうち、平均して3~6回の風邪をひきます。

これは1週間未満で治るものがほとんどであり、発熱した場合にも長引くことはそれほど多くありません。

しかし、色のついた痰がでた時等は細菌による二次感染をしているため、風邪が長引くこともあります。

風邪を引き起こすウイルス

風邪の原因となるウイルスには以下のようなものがあります。

  • ライノウイルス

風邪の原因の30~40%を占め、秋や春に多く鼻風邪を引き起こします。

  • コロナウイルス

ライノウイルスの次に多く、冬に流行して鼻やのどに軽い異常をあらわします。

  • RSウイルス

年間を通じて流行し、冬に特に多くなります。

乳幼児に対しては肺炎を引き起こすこともあります。

  • パラインフルエンザウイルス

秋に流行するものと春から夏にかけて流行するものがあります。

子供に感染すると重症になりやすく、鼻やのどに異常を起こします。

  • アデノウイルス

冬から夏にかけて多く、プール熱の原因にもなります。

  • エンテロウイルス

夏に流行し、風邪の症状に合わせて下痢を起こすこともあります。

このページの先頭へ