風邪の予防のために日々の食生活でどんなことに気を付けるべき?

バランスの良い食事をとろう

風邪を予防するためには、日々の食生活に気を配ることが大切です。

無理のない範囲でよく食べるということは大切ですが、それと同時にバランスを取ることが大切です。

ウイルスへの免疫力と抵抗力を高めるために、ビタミンとミネラルを十分に摂るのがコツです。

  • タンパク質

タンパク質は基礎体力をつけるのに必要な栄養素です。

肉をもりもり食べる人には体格がいい人が多く、そのような人は総じて免疫力に優れているものです。

基礎体力をつけて抵抗力を高めるためにもタンパク質は重要です。魚介類、肉類、卵、豆類、乳製品などをとりましょう。

  • ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用を持っているため、免疫力を高めるのに適している栄養素です。

イチゴ、ミカン、キウイなどの果物にたくさん含まれているほか、ホウレンソウやブロッコリーなどの緑黄色野菜にもたくさん含まれています。

  • ビタミンA

ビタミンAは喉や鼻の粘膜を保護する作用があります。

のどや鼻の粘膜は侵入してきたウイルスを絡め取ってくれる作用があるため、これを保護するビタミンAが大切なのです。

ビタミンAはチーズ、うなぎ、緑黄色野菜などにたくさん含まれています。

  • 亜鉛

ミネラルはどれも大切ですが、風邪の予防のためには亜鉛が大切です。

亜鉛は新陳代謝を活発にし、疲労回復に効果的であり、免疫機能を高めてくれます。

貝類、魚介類、ナッツ類、レバーなどにたくさん含まれています。

温かいものをたべよう

バランスのよい食事をとることと同時に大切なのが、温かいメニューを食べることです。

温かいものを食べると血液循環がよくなり、栄養は体の隅々にいきわたり、免疫力を高めてウイルスの侵入を防いでくれます。

そのためには鍋、雑炊、おじや、スープなどがよく、具材には体を温めるコツかがあるねぎ、にら、にんにく、玉ねぎ、唐辛子、ショウガなどがおすすめです。

特にショウガの辛味成分には殺菌効果があり消化を助けてくれるため、風邪の予防に効果的です。

総合的に見ると鍋は大変効果的な料理です。

色々な野菜や肉などを食べることでバランスはよく、体を温める具材にもよく合うものが多く、また鍋は一人で食べるよりも家族や友達と食べることが多く、楽しい時間にもなるため精神的にも良い食べ物なのです。

冬は大勢で鍋を囲んでバランスの良い食事を行うことが、なによりの風邪予防になるでしょう。

このページの先頭へ