認知症はどうして予防することで発症を防ぐことができるの?

認知症を予防するための代表的な方法は、趣味に打ち込むこと、運動をすること、食生活を改善することなどが挙げられます。

では、なぜこのような予防によって認知症を防ぐことができるのでしょうか。

趣味に打ち込む

趣味に打ち込む時は、楽しく集中して行うことができます。

この時は脳によい刺激がたくさん与えられているため、認知症の予防につながります。

趣味の方法によっても効果の程度は違うと思いますが、どれも総じて効果があるものです。

例えば編み物を趣味とすれば、指先を動かすことが脳に刺激を与え、さらには完成したものをイメージしながら縫っていくため、それも脳に刺激を与えます。

完成した姿をイメージしながら頭を使って作業していくという点では、パズルや絵画も同様の効果が得られます。

また、囲碁・将棋・チェスなどを趣味とするならば、数手先を読みながら頭をフル回転させてゲームを進めていく必要があるため、これもまた脳をよく刺激することになります。

総じて趣味と言うものは頭を使い脳を刺激するものが多いため、予防に効果的なのです。

運動を行う

軽いウォーキングやジョギングを行ったところで、そのようなことは頭を使わずとも行えるため効果はないと考える人もいるかもしれません。

しかし、運動を行うと、それが単純な動きであったとしても脳にはいい影響を与え、認知症を予防することにつながるとされています。

したがって、ウォーキング、ジョギング、ゲートボールなどを、自分が可能な範囲で行うことで予防効果が得られます。

また、運動が義務的なものではなく趣味になれば、趣味を行う意味での予防効果も得られるため、自分の好きな運動を見つけられれば尚良いでしょう。

食生活を改善する

食事も認知症との繋がりが強いものです。

したがって、認知症のリスクを高める食生活は控え、認知症のリスクを下げる食生活に切り替えることで予防できます。

なぜ食生活を変えることでリスクが変動するかと言うことですが、これは食事によって摂取する栄養素には脳を活性化するものや血液をサラサラにするものがあるからです。

脳を活性化するものを食べれば認知症のリスクが下がるのはいうまでもなく、血液がサラサラになるものを食べれば脳の血流もスムーズになり脳へ栄養がいきわたるため、認知症の予防に効果的なのです。

したがって、逆に考えるならば動物性脂肪などの血液をドロドロにする物はあまり食べないことが予防には大切になるのです。

この他にも、例えばカレーのスパイスにはアルツハイマー病のリスクを下げるというように、特定の食材が認知症の予防に効果的な場合もあるため、それらの食材を積極的に取り入れることも効果的です。

このページの先頭へ