認知症の予防方法とは?

認知症予防の方法は確立されていない

残念ながら、現代の医学ではまだ認知症に関して明らかになっていないことが多いため、完治が見込めないほか、予防の方法も確立されていません。

研究を重ねていくことによって、このようにすれば認知症になりにくいと言う方法が少しずつ分かってきており、それを実践することが認知症の予防方法になります。

完全に予防することはかなわないものの、それらの予防方法を実践することによって進行の度合いを大幅に遅らせることができます。

また、認知症を早期に発見し、進行の予防に取り組むのが早ければ早いほど効果があるとされています。

趣味に取り組む

認知症の予防をするためには、アンチエイジングに取り組むことになります。

そのために最も良いのが、脳を若く保つために脳に適度な刺激を与えることとされており、趣味に取り組むことが効果的と言われています。

  • ゲームに興じる

例えばゲームに興じて脳を刺激すると言うのは非常に効果的なことであり、若いころに囲碁、将棋、マージャンなどに熱中していた人ならば、それに打ち込むのはとても良いことでしょう。

  • テレビゲームも効果的

テレビゲームに取り組む高齢者も増えており、加山雄三さんや鈴木史郎さんはテレビゲームのバイオハザードという、反射神経が求められるゲームのファンであることが知られています。

パズルゲームなどの認知症予防のゲームも販売されています。

  • ゲームセンターのゲーム

最近では老後の時間をゲームセンターで過ごす高齢者も増えており、ゲームセンターのメダル落としのコーナー等には高齢者が多いことに気がつくと思います。

孫と一緒にこのようなゲームに興じると言うのはとても良い方法でしょう。

食生活で予防する

食生活の改善も認知症予防のために効果的です。

  • 咀嚼をする

最も簡単に取り組めるのが咀嚼です。

咀嚼とはよく噛むことであり、これを行うと満腹感が生まれるため摂取カロリーを低く抑えることができ、また栄養素がよく吸収されることにもつながります。

他にも脳が活性化することも知られています。

これは噛むという動作を繰り返すことで脳への血流が増加することによります。

  • 食事を和食に切り替える

和食には魚料理が付き物ですが、魚にはDHAやEPAといった認知症予防に効果があるとされる栄養素がたっぷりと含まれています。

これらの栄養素は野菜と合わせて食べると、なお効果が高いことが知られているため、野菜を多く使った和食がお勧めです。

このページの先頭へ