腰痛はどんな人がなりやすいの?

ここでは、腰痛になりやすい人を挙げていきましょう。

長時間座ったままの人

タクシードライバーには腰痛の人が多いものです。

これは、同じ姿勢で座り続けることによって、腰に一定の負担がかかり続け、腰の筋肉に負担が蓄積して腰痛になるのです。

同様に、長時間デスクワークをしている人なども腰痛になりやすいものです。

特にパソコンを一日中使っている人などは、その他のデスクワークに比べて腰だけでなく肩、首、目線など様々な部位が固定されることから、特に負担が大きな作業であると言えます。

このとき、姿勢が悪かったならば特に腰痛を引き起こしやすいです。

しかし、これは姿勢が良ければ腰痛にならないと言うことではありません。

腰に負担を掛けずに座るグッズ等はたくさん売られており、それらを利用することで一定の効果が得られることは間違いありませんが、やはり問題なのは同じ姿勢で長時間座っていることそのものなのです。

したがって、姿勢良く座っていても、それは姿勢悪く座っているよりもマシと言うことであり、限られた筋肉や骨に負担がかかり続けていることに変わりはありません。

したがって、継続的に負荷がかかることで、腰痛の原因になるのです。

主婦

主婦は長時間座っていないから大丈夫と考えるのは誤りです。

主婦も家事をこなすうえで蓄積型の腰痛になりやすいのです。

掃除の時には前傾姿勢などの不自然な姿勢になることもありますし、色々な家事をせかせかとこなすうちに腰に疲労がたまることは良くあるのです。

動き回っているだけに座りっぱなしよりも良いと思われがちですが、実際には常に腰に負担がかかり続けています。

座りっぱなしでもないし肉体を酷使しているわけでもないと油断していると腰痛になることがあるので、注意が必要です。

重いものを持つ人

職業柄重い荷物を持つ人がいると思いますが、このような人は腰痛になりやすいものです。

特に重い荷物をもって階段を行き来したり、自分の限界異常の荷物を持たなければならない、段差のある場所で荷物の受け渡しをする、体をひねって受け渡しをするなどの作業に従事している人はすぐに腰痛になることもあります。

特に、このタイプは長時間の座りっぱなしや主婦業をしている人のように蓄積型の腰痛よりも、何かを持ち上げた拍子にぎっくり腰などの急性型の腰痛になることが多いので注意したいものです。

物を持つ動作などに十分気をつけながら仕事をこなしていきましょう。

このページの先頭へ