糖尿病を発症するとどんな症状が出るの?

糖尿病は早めの治療を

糖尿病を発症すると、様々な症状が現れます。

これらの症状が出た時には、すぐに医療機関で検査を受けることをお勧めします。

早めの治療が大切であり、治療がうまくいって血糖値をコントロールすることができるようになれば、これらの症状はなくなっていきます。

また、治療中も症状が改善されない場合には治療が適していないことが考えられる他、何らかの原因で血糖コントロールが悪くなっていることが考えられるので、医師と相談しながら適切に治療を進めていくことが大切です。

では糖尿病に伴う症状を見ていきましょう。

糖尿病の症状

  • 頻尿や多尿

糖尿病になると、尿の量や回数が増えることとなります。

これはよく見られる症状で、頻尿は昼夜を問わずにトイレの回数が増えます。

これは、血糖値が高いことで腎臓が糖分を尿と一緒に排泄しようとするためです。

  • のどが渇く

血糖値が高くなると、上記のように尿と一緒に排出しようとして多尿や頻尿になります。

こうなると体内の水分はどんどん排出されることになりますから、当然のどが渇きます。

口の中が渇くこともあります。

あるいは、口の中が渇くと言うよりも粘つく感じを受ける人もいます。

仕事の関係などで水分摂取の機会が限られる場合などは、これが辛い症状に感じられることでしょう。

  • 体重が減る

糖尿病の原因の一つに食べ過ぎやそれに伴う肥満があるため、糖尿病患者と言うと皆太っているというイメージを抱いている人が少なくありません。

しかし、血糖値のコントロールができないことで体重が減ることがあるため、糖尿病でありながら痩せている人も少なくありません。

これは、インスリンの働きが悪くなると食事から取った炭水化物をうまくエネルギーとして活用できなくなるためであり、こうなると脂肪や筋肉に貯めていたグリコーゲンをエネルギーとして利用するようになるためです。

その結果、脂肪や筋肉がなくなっていき、痩せてしまうのです。

痩せた糖尿病は、太った糖尿病よりも危険です。

なぜならば、体の一部をエネルギーとして使わなければならない状態だからです。

  • 疲れやすい

インスリンの働きが悪くなると、食事でとった糖分をうまくエネルギーとして使うことができなくなります。

こうなると体中の細胞はエネルギー不足に陥るため、休んでも疲れが取れず、疲労はたまる一方でとても辛いと感じるようになります。

以上が糖尿病の代表的な症状です。

もっと怖いのはエネルギーがうまく循環されないことで血管や神経が傷つき、全身の臓器その他に悪影響を与えることですが、それは糖尿病の症状が進行した結果であるため、まずはこれらの症状に注意しておきましょう。

このページの先頭へ