糖尿病はどんな人がなりやすいの?

糖尿病と遺伝

糖尿病はどのような人がなりやすいかというと、まず家族に糖尿病患者がいる人、次に生活習慣が不規則な人と言えるでしょう。

遺伝的な要素は非常に強いと言えます。

以下に詳しく述べますが、糖尿病は生活習慣が引き金となっていることが多く語られますが、それ以上に遺伝的要素が強いでしょう。

AさんとBさんが同じような高カロリーな食事をしている、同じように肥満である、同じようにストレスをため込んでいるなどの同じ条件を抱えて生活をしていたとしても、Aさんは遺伝的要素を抱えているのに対しBさんは遺伝的要素を抱えていなかったならば、Aさんだけ糖尿病になってBさんは健康のままということがよくあるのです。

つまり、生活習慣は糖尿病のリスクを高めますが、それ以上に遺伝的要素が大きいと言えるでしょう。

実際に、民族間で糖尿病リスクは大きく異なっています。

例えば1型糖尿病は白人に多く、特にフィンランド、スウェーデンなどの北欧、イタリアのサルデーニャ島では発症率が非常に高いのです。

10万人当たり40~50人の発症率です。

これに対して日本人の発症率は10万人当たり1~2人ですから、遺伝的な背景が非常に強いことが分かります。

ちなみに日本人は1型糖尿病になりにくい代わりに、2型糖尿病になりやすいことが分かっています。

糖尿病と生活習慣

次に生活習慣による糖尿病リスクを考えると、偏った食事や高カロリーの食事をしている人、運動不足の人、肥満の人、ストレスをためている人などは糖尿病になりやすいことが分かっています。

甘いものをたくさん食べる人は糖尿病になりやすいと言うのも半分は事実であり、甘い物は糖分が多く高カロリーで、栄養素は少ないためにたくさん食べがちです。

もっとも、甘いものを食べない人でも大食いの人ならばコメやパンをたくさん食べるため糖分を多く摂取し、糖尿病になりやすいと言えますし、大酒飲みの人はお酒からたくさんの糖分を摂取するため糖尿病になりやすいです。

ストレスとも密接に関係しています。

ストレスがたまった時、人間はストレス解消のために糖分を多く摂取するという防御機能が働くことがあるからです。

ヤケ食いやヤケ酒がいい例です。

また、ストレスがたまると無性に甘い物が食べたくなったりするのも同じ道理です。

これによって糖尿病のリスクが高まります。

このように、生活習慣と糖尿病の関係は、その生活習慣が直接的に糖尿病に結びついていることもありますが、それよりも間接的に糖尿病に強く働きかけているケースが多いと言うことが分かります。

このページの先頭へ