糖尿病の予防にはどのくらいの費用がかかるの?

糖尿病予防にはお金はかからない

病気を予防するためにはお金がかかることもありますが、糖尿病予防のためには費用がかかることはありません。

特別なことをしなければ費用がかかることはほとんどないと言ってよいでしょう。

例えば、食事中に食べていた野菜を食前に食べるようにすれば、食後の血糖値上昇を下げることができます。

運動も毎日1時間弱のウォーキングをすることによって非常に効果が期待できますが、お金が特別にかかるものではありません。

糖尿病予防でお金も節約

むしろ、お金の節約になることもあるでしょう。

これまで外食が多かった人は家で健康的なものを食べることによって糖尿病予防になり、お金の節約にもなります。

食べすぎは糖尿病リスクを高めるため、食べる量を少なくすれば糖尿病リスクをさげることができ、さらに食べる量が減ることで食費を節約できます。

出勤時の運動で糖尿病リスクを下げたいのであれば、毎日の電車通勤でひと駅分歩くことで効果が期待できるばかりでなく、運賃が浮きます。

これまでストレスがたまった時に甘いものをたくさん食べたりヤケ酒をしていたならば、それをやめることによってその費用を節約することができるようになります。

人間の営みを観察すると、快楽を伴う物にはお金がかかるものであり、快楽を伴う物は同時に健康を害することが少なくありません。

つまり、健康を害することにお金を支払っているのです。

快楽を強いて遠ざける必要はありませんが、不健全な快楽に対しては節制することによって、健康への害を減らして糖尿病リスクを減らし、お金の節約もできます。

お金がかかる予防もある

もっとも、日常生活で行うことができる糖尿病予防以上のものを求めるならば、それなりの費用が必要となります。

何らかのサプリメントを摂取することによって糖尿病予防を図るならばサプリメント代が必要となりますし、ごぼう茶や桑の葉茶、黒豆茶などの糖尿病予防に役立つお茶を飲むならばその購入費用がかかります。

しかし、このようなものはやみくもに試してみても大きな効果が期待できるというものではなく、日常生活を改善することで糖尿病を予防しながら、同時に糖尿病予防効果が知られている食品やサプリメントをひとつだけ実践することで十分な効果が期待できます。

そして、糖尿病予防食品などは毎月1000~2000円程度の費用で試すことができます。

お勧めは糖尿病予防効果が知られているお茶です。

これならば毎月1000円くらいの費用で済みますし、毎日水の代わりに飲むことで取り組めるため、何ら難しいこともありません。

このページの先頭へ