痛風はどんな人がなりやすいの?

男性であること

痛風になりやすい人を考える時、第一に挙げられるのは男性であることです。

痛風患者の99%は男性なのです。

なぜ女性には痛風患者が少ないかと言うと、これは女性ホルモンが尿酸を体外に排出する働きを持っているからです。

したがって、ほぼ全ての女性は痛風にかかることはない言うことができるでしょう。

もし罹ることがあるならば、それは更年期障害等の理由で女性ホルモンの分泌が著しく下がった場合です。

性格的な要素

人の性格は様々なですが、性格や考え方によってストレスへの耐性はそれぞれ異なります。

そして、ストレスは多くの病気と無塩のものではなく、痛風にも同様のことが言えます。

したがって、ストレスを感じやすい性格の人がストレスを蓄積させた場合には、体の抵抗力が低下して痛風になりやすくなります。

このほかの性格的な要素でいうと、痛風になりやすい人の性格の傾向として「向上心があり、責任感が強い」という性格の人ほど痛風になりやすいと言うデータがあります。

これは科学的根拠に乏しいものではありますが、総じてこのような性格を持っている人は出世して人をまとめるリーダー役になるものです。

人をまとめる側とまとめられる側ではストレスの大きさは確実に違うものであり、ストレスをためやすいものです。

このことから、痛風になりやすいと考えられます。

飲食でストレスを発散する人

ストレス発散の方法が飲食と言う人は痛風になりやすい人です。

特に社会人の中には、仕事で抱えたストレスを発散するために、大いにお酒を飲んで大いに食うと言う人も多いと思いますが、これが痛風の原因となります。

ストレスを発散するために好んで食べられるものの中にはプリン体がたくさん含まれているものも多く、これによってプリン体を過剰摂取して痛風になる人もいます。

また、自宅でお酒を飲んでストレスを発散する時には、自宅と言う安心感から通院してしまう人も多く、この場合にも限度を超えた飲食をしてしまうことが多いので注意したいものです。

スポーツの種類

スポーツは多くの場合健康な体作りに大切なものですが、運動をたくさんする人で痛風になる人もいます。

これは運動そのものが悪いのではなく、運動によって失われた水分を十分に補給しなかったために尿酸値があがってしまうのです。

したがって、運動が好きな人は水分補給をしっかりと行うことで、運動が痛風に繋がらないように注意する必要があります。

このページの先頭へ