痛風はどうして予防することで発症を防ぐことができるの?

痛風は予防できる

痛風の発症を防ぐための予防法として大切なことは、普段の食生活に気を付けることです。

特に重要なのは栄養バランスであり、プリン体を含む食材を控えつつ、そのほかの栄養素をバランスよく摂っていくと言うことが予防につながります。

また、水分補給をしっかりすることや適度な運動をすること等も予防につながります。

では、これらの予防策がどうして発症を防ぐことにつながるのかを考えてみましょう。

なぜ発症を防げるのか

  • 飲食

飲食に関する予防策では、上述の通りバランスよく食べること、そして暴飲暴食を避けることが大切です。

なぜバランスよく食べることが大切かというと、人は偏った食事をすると単に体に悪いだけではなく、もしその偏った特定の食物にプリン体が含まれていた場合には、尿酸値がぐんぐんとあがっていく結果を招くためです。

また、暴飲暴食を避けることですが、これは単純なことで食べる量が極端に多ければ、それだけにプリン体の摂取量もあがってしまう可能性が非常に高いからです。

このことから、節度ある飲食による予防が痛風の発症を防いでくれると言うことが分かります。

  • 水分補給

水分補給をすることでも予防し、発症を防ぐことができます。

これは、人間が尿酸を体外に排泄する唯一の手段が排尿だからです。

したがって、水分を良く摂って排尿の回数を増やせば、それだけ体外に尿酸を排泄する機会が増えることとなり、尿酸値を下げていくことができるのです。

尿酸値が下がれば当然痛風の原因は取り除くことができるため、痛風の発症を予防することができます。

したがって、排尿の回数を増やすことで効果的に尿酸値を下げていくことができると言うことは、利尿作用のあるカフェインを含んだ飲み物を飲めば、よりよく予防していくことができます。

以上のような方法によって尿酸値を下げていき、尿酸値を常に正常値の範囲内にとどめておけば、発症を防ぐことができます。

痛風は尿酸値が閾値を越えたときに徐々に症状が現れ始めるものであるため、正常の範囲内にとどめることが最も大切なのです。

筆者も空手をやっていたころ、体重を増やしたいがために暴飲暴食をしており、毎日米を5合と色々なおかずを食べていたら以上に尿酸値があがったことがありました。

そのとき医師からは水分補給を行い排尿によって尿酸値を下げることを勧められ、実践したところ痛風は発症せず、翌年の健康診断の時には正常値に戻っていました。

このページの先頭へ