痛風の予防方法とは?

プリン体を少なくすること

痛風を予防するためには、原因となる尿酸が増えすぎないようにしなければなりません。

つまり尿酸値を上げてしまう食べ物の食べ過ぎや食生活に気を付ける必要があります。

そのために重要なことは、尿酸とプリン体のコントロールです。

血液中の尿酸濃度が適正値を超えないように配慮し、尿酸値を上げる食べ物からプリン体を摂取する食習慣を見直すことによって、痛風の発症を予防することができるのです。

痛風予防のポイント

痛風を予防していくために、日常生活や食生活の上で注意すべきポイントを挙げていきましょう。

  • 暴飲暴食をしない

痛風の最大の原因となるのが暴飲暴食です。

健啖家で体質的に優れており、暴飲暴食をしても一向に痛風にならない人もいますが、そのような人は限られており、多くの人は暴飲暴食を控えるべきです。

食べるとは生きることであり、たくさん食べることは良いことですが、常識の範囲内でたくさん食べるのが大切です。

食べる量が多ければ多いほど、その量に比例してプリン体を摂取する量も増えるものです。

したがって、食べ過ぎと飲みすぎには常に気を付けておくべきであり、旅行や食事会などでハメをはずしてたくさん食べて痛飲したいと思っていても、年齢的・体質的にリスクが大きいと思う場合には節度を持って飲み食いするようにしましょう。

  • 水分をよく摂る

水分補給も大切です。

尿酸は排尿以外で排出されない物質であるため、水分補給をこまめに行って尿をたくさん出すように意識すると、尿酸値を効率よく下げていくことができます。

単に水を飲むだけでもよいのですが、痛風予防の観点から考えるならば、利尿作用があるカフェインを含んだコーヒー・緑茶・紅茶などの飲み物を飲むのが良いと言えます。

  • 適度な運動をする

適度に運動をすることが、痛風のリスクを下げてくれます。

痛風予防以前に運動は万病を予防することに効果があり、痛風もその例外ではないと言うことです。

ただし、激しい運動を行って汗をたくさんかいたときは、水分補給を十分に行いましょう。

水分不足の状態では尿酸濃度が高くなってしまい、痛風を促進してしまいます。

  • ストレスをためない

ストレスも痛風をはじめあらゆる病気のリスクを高めるものです。

そのため、ストレス解消を行うことで、痛風のリスクを下げることができます。

しかし、ヤケ食いやヤケ酒によってストレスを解消するのは痛風のリスクを高めるため厳禁です。

このページの先頭へ