痛風の予防のために日々の食生活でどんなことに気を付けるべき?

食事療法の根底にあるもの

痛風を食事によって予防していく場合にまず知るべきことは、痛風は高タンパク質、高脂肪、高カロリーの3つがそろった食事が発病の原因になると言うことです。

昔まだ日本人が貧しかった時代、この三拍子がそろった食事ができるのは富裕層にのみ許された食事であったため、痛風に罹るのは富裕層ばかりだったために「贅沢病」とも呼ばれていました。

現代では誰もが容易にそのような食生活を送ることが可能となりましたが、これは生物学的にも異常なことです。

栄養的に満たされ過ぎていることは時に食の歪みとも言えるものであり、それは実際に痛風の引き金となるのです。

プリン体を減らすべし

痛風を引き起こすものはプリン体です。

プリン体は完全に避けることはできず、ほぼ全ての食材に含まれています。

その中でもプリン体の多い食品を避け、少ない食品を選んでいくことが大切です。

プリン体を多く含む食材の代表的なものは肉と魚であり、特にレバーやホルモンなどの内臓にはたくさんのプリン体があります。

このほか注意したいのは、大豆は良質なたんぱく質が豊富な食材として健康効果が騒がれていますが、プリン体が多い食材です。

プリン体が少ない食品としては野菜や乳製品が挙げられます。

野菜は水分を多く含んでいることから、プリン体の含有率が低くなっているのです。

乳製品は原料となる牛乳がそもそもプリン体をほとんど含んでいないため、乳製品のプリン体も少なくなっています。

プリン体を気にするならば、大豆はほどほどにしておき乳製品からタンパク質を獲るのがよいでしょう。

適切な姿勢

しかし、現に痛風患者でもない人が、プリン体に対して過剰な拒否反応を示すのは適切とは言えません。

あくまでもプリン体を多く含む食べ物を選択的に多く食べ続けるような食生活が痛風の原因となるのです。

レバーにはプリン体が多いですが、その反面鉄分やビタミンなど健康づくりに欠かせない様々な栄養を含んでいます。

大豆もプリン体が多いとはいっても、良質なタンパク質をたくさん提供してくれる食材です。

たしかに、家族に痛風患者がいる場合などは遺伝的側面を考えてプリン体を少なめの生活を送る必要があります。

しかし、それ以外ではプリン体を含む食材もプリン体以外の良い面にも目を向けて大いに食べるべきです。

何事も、過ぎたるは及ばざるがごとしです。

このページの先頭へ