痛風の予防にはどのくらいの費用がかかるの?

痛風予防には費用はほとんどかからない

痛風を予防するためには、費用はほとんどかかりません。

生活改善やごく簡単な方法の積み重ねによって十分予防することができるからです。

インターネットなどで痛風の情報を調べていると、痛風予防に効くというサプリメントが売っているのを目にすることも多いかと思いますが、こんなものは消費主義的な側面が強いもの、つまりお金を出してサプリメントを買って飲んでいるのだから痛風にはならないという精神的な安息のためにお金を支払っているにすぎません。

また、痛風を発症してしまった場合には病院に相談して薬を飲めばよいのですから、痛風を発症した人に効くとしているサプリメントにも有意性はほとんどないのです。

痛風を予防するためには、最も効果的な方法は水分を十分に補給することです。

尿酸は尿によってのみしか排出することができないため、水分を摂取して排尿を促すことによって尿酸を体外に出そうとするものです。

したがってカフェインを含むコーヒー、紅茶、緑茶などの飲み物を飲むのがより効果が大きな方法と言えます。

不眠症などの体調・体質の理由でカフェインを摂取したくない人は水を温めた白湯が効果的です。

白湯はデトックス効果が高く、こまめに飲んでいると驚くほど尿が出ます。

この場合、かかる費用と言えばコーヒー、紅茶、緑茶ならば一杯数十円のお金がかかるのみであり、白湯にいたってはほぼ無料です。

「痛風に効果がある」などと謳っているサプリメントを飲まずとも、痛風を改善することができるのです。

食事を改善する

痛風は「贅沢病」とも言われました。

昔はお金持ちばかりが口にしていたおいしく脂が乗ったような食べ物を食べていた層の人々が、それらを食べ過ぎることによって痛風を発症していたからです。

今でこそだれもがそれらを食べているため贅沢病とは言われることが少なくなりましたが、それでもプリン体の少ない食べ物と多い食べ物を比べてみると、プリン体の多い食べ物の方がお金がかかるものが多いです。

粗食を食べることは万病の予防に効果があるとされていますが、これは痛風には特に効果があります。

プリン体の少ない食材を努めて選んでいけば、何も考えずに食事を作るよりもずっと粗食に近づきます。

粗食は、同時にお金の節約にもなるものですから、痛風予防はお金がかかるどころか、方法によってはお金が節約できるものでもあるのです。

このページの先頭へ