熱中症を発症するとどんな症状が出るの?

熱中症の症状:軽度

熱中症は熱によって体が適応障害を起こすことであり、症状には軽度のものから重度のものまで様々なものがあります。

それらの症状を見ていきましょう。

  • めまい、立ちくらみ

めまいや立ちくらみが現れた時には熱中症かもしれません。

この時、同時に顔がほてるという症状が現れることもあります。

普段運動をせず体力に乏しい人が急に炎天下で激しい運動をしたときなど、意識が遠のくような感じがして吐き気や腹痛などが現れることもあります。

  • 筋肉痛、筋肉のけいれん

手足や腹筋の筋肉が痙攣してピクピクと動いているならば危険信号です。

これは発汗によって水分と共に塩分が失われたことで体液の浸透圧に異常が生じているのです。

痙攣以外には筋肉痛が起こることもあり、時には手足の筋肉がつってこむら返りという症状が出ることもあります。

  • 倦怠感、吐き気

全身に倦怠感が現れて体がぐったりとします。

この時に吐き気や頭痛を伴うこともあります。

  • 大量の発汗、またはその逆

異常な量の汗をかくこともあります。

いくら拭いても汗が出てしまうという症状です。

これとは逆にまったく汗をかかないこともありますが、これはすでに自律神経の機能に異常が出ている危険な状態であり、体温を自力で下げることができなくなっています。

  • 体温が高い

体温が上がるというのは体温調節機能に異常が出ていると言うことであり、熱中症の症状です。

皮膚を触るととても熱く、皮膚が乾いて赤くなっているなどもサインとなります。

熱中症の症状:重度

  • 意識障害

熱中症が重症化すると、意識障害が起こることがあります。

そのような時には呼びかけに対しても全く反応がなく、あるいは返答がおかしくなることがあります。

ちょうど泥酔したような反応を示します。

また、呼びかけに応じることができる物の体がガクガクとしてひきつけを起こしていたり、まっすぐに歩けないなどの症状があらわれているときにも重度の熱中症です。

すぐに病院に行く必要があります。

  • 水分補給ができない

意識障害が起きている時には、自分で水分補給ができないこともありますが、これは非常に危険な状態です。

水分と塩分の不足が意識障害を引き起こし、さらにそれを摂取することもできないからです。

この時、水分をなんとか補給させようとして無理やり飲ませようとする人もいますが、それは避けてすぐに救急隊を呼んで医療機関に搬送し、点滴によって水分と塩分や栄養分を補給しましょう。

このページの先頭へ