熱中症はどうして予防することで発症を防ぐことができるの?

熱中症は予防できる

熱中症とは、暑い環境で長時間立ちっぱなしである、激しい運動をする、肉体労働に従事するなどによって、高い気温にさらされ続けたり大量に汗をかくことによって、体に様々な形で適応障害が現れることを言います。

人間は、普段は自律神経の働きによって体温を調節しているのですが、これが高温にさらされ続けたことで破綻したり、汗をかく時には水分と共に塩分も失われるため、これによって血流が悪くなる、体液の浸透圧に異常をきたすなどして様々な異常が生じます。

したがって、熱中症の原因は高温にさらされ続けることと汗をかきすぎることが原因と言えるため、その原因に沿って予防していくことになります。

屋内にいるならばエアコンや扇風機を活用して暑さを避け、屋外で活動しなければならない時にはスポーツドリンクなどの塩分を含んだ水分をこまめに補給するなどの予防を行えば発症を抑えることができます。

早めの対応が大切

また、熱中症の前兆として脱水症状がおきる時、軽度の脱水症状ではなかなか喉の渇きに気づくことができず、本来は水分補給をするべきでもそれができないこともあります。

特に高齢者にはこのケースが多く、自律神経の衰えによって温度の変化やのどの渇きに対して鈍感になっているため、水分補給を怠ってしまうことが珍しくありません。

したがって、熱中症が起きやすい環境で運動や仕事をしている時には、喉の渇きの有無を問わずに水分補給はで頻繁に行うことで発症を予防することができます。

熱中症が起きやすい環境とは高温で湿度が高く、風が弱い環境です。

室内なども気密性が高く温度と湿度があがりやすいため、熱中症になりやすいので注意が必要です。

具体的には梅雨の合間にたまに晴れた暑い日に、屋外では熱中症の危険性が高まります。

このような時には水分補給をまめに行うことによって、熱中症のリスクを下げることにつながります。

重症化を予防する

同様に、重症化を予防するという意味では熱中症の兆候に敏感になることが大切です。

体温の上昇、めまい、吐き気、頭痛、立ちくらみなどの症状がおきた時には涼しい場所へと移動して服を薄着に着替え、水分を補給しながら体を冷却するようにします。

このような措置を早めに行うことで、熱射病などの意識障害を伴う重症への移行を防ぐことができます。

重症化した熱中症は死亡のリスクもあるため、早めに対応することが非常に大切なのです。

このページの先頭へ