熱中症の原因とは?

熱中症は熱を受けることによって起こる体の不調の総称です。

暑さによって体温調節機能が壊れることもある危険な病気であり、汗によって水分と塩分が失われることが大きな原因となっています。

環境が原因になる

熱中症になるとめまい、頭痛、痙攣、意識障害などが起こりますが、これは環境が原因となって起こります。

つまり、気温の高い環境に長時間いることによって体温の調節機能が狂ったり、発汗によって体内の水分と塩分のバランスが崩れることで起こるのです。

より詳しくいうと、気温や湿度が高い環境で、さらに風が弱く日差しが強いなどの環境ならば最も悪いと言えます。

この時、体が暑さに慣れていない人や、疲れや寝不足などで体調不良の人、またこのような環境下で激しい運動をたくさんした人などは熱中症に罹ることがあるのです。

このように、環境を原因とし、そこに各個人の体調面での要素が重なることで熱中症が引き起こされると言えます。

この原因を考え時には、熱中症に気をつけなければならないのは梅雨の時期の晴れた日、涼しい日が続いた後に急激に熱くなった日などです。

また熱中症に気をつけなければならない場所は運動場・公園などの強い日差しが当たる場所であり、それ以外にも夏場に駐車場に止めていた車の中、体育館などの気密性が高く温度が非常に高くなる場所も気をつけるべきです。

体に熱がこもることが危険

体を動かすと熱が生まれますが、人間は恒温動物であるため体温調節機能に優れており、体温が上昇したときには自律神経の働きによって血管が拡張させ、熱を放出します。

また、汗をかき、その汗が体の表面から蒸発するときに熱を奪うことでも体温を下げるように働きます。

普段ならばこれを何の問題もなく行うことができるのですが、熱い環境にあまりにも長時間いると体温調節機能が乱れてしまい、熱の放出ができなくなります。

そうなると体の中に熱がこもって体温が上がり続けることになります。

このほか、体温調節のために汗を大量にかくと、その時に水分と同時に塩分も失われて体液の浸透圧に影響を及ぼすため、筋肉や神経へと影響を及ぼすようになります。

熱中症によってめまいやけいれん、頭痛などが起こるのはこれが原因なのです。

したがって、熱中症の症状が現れた時は涼しい場所へと移動して体温を下げ、水分と塩分を同時に摂取してバランスを整えることが大切です。

特に高齢者や乳幼児は体温著説機能が衰えたり未熟であったりするため、注意すべきです。

このページの先頭へ