熱中症の予防方法とは?

暑さを避ける

熱中症は時に命を落とすこともある危険な症状です。

これを予防するためには、日常生活の中で少しの工夫をすることが大切です。

  • エアコンを使う

高齢者の中には自律神経の衰えによって暑さを自覚しにくく、夏もエアコンを付けずに生活して熱中症になるという人が少なくありません。

夏は積極的にエアコンを使うことが予防のために役立ちます。

ポイントとしては、部屋の温度を正確に測定することです。

エアコンで温度設定をしても、センサーの場所や感度の問題で正確に測定できていないことがあるからです。

そのため、正しく測定して室内の人数や服装なども考慮して温度設定を行いましょう。

この時の温度設定は28度以下が望ましいです。

また、エアコンの冷風が人に直接当たらないように注意しましょう。

冷気は部屋の低い位置にとどまる性質があるため、扇風機などを用いて部屋の空気をうまくかき混ぜるとよいでしょう。

  • 冷やしすぎない

エアコンが熱中症予防に効果的であるとはいっても、冷やしすぎには注意してください。

なぜならば部屋の温度を下げ過ぎてしまうと、涼しい環境から暑い環境に出た時にあまりにも気温差が大きいため、自律神経が狂ってしまってめまいや吐き気を感じることがあるからです。

このように設定温度を低くし過ぎることはからだに負担を掛けるため、設定温度は24度以下にならないようにしましょう。

こまめな水分補給

暑い時には汗をかくため、水分を補給することが大切です。

この時、汗をかくと水分と塩分が同時に失われることになるため、血流が悪くなって体の隅々に十分な栄養分や酸素が届かなくなるため痙攣、頭痛、吐き気、めまいなどが引き起こされます。

したがって、熱中症予防のためには水分と塩分を同時に摂取することが大切です。

目安としてはコップ1杯(200ml)に対してひとつまみ(0.2g)の塩を入れて飲むと良いでしょう。

このほか、スポーツドリンクも効果的です。

一点注意すべきことは、熱中症が起きかねない環境にいる時には、たとえ喉が渇いていなくても水分補給をするということです。

脱水症状は軽度のうちは喉が乾かないことがあり、それを放置しておくことで症状が思いのほか進んでしまうことがあります。

したがって、それほど喉が渇いていないと思っても運動、入浴などの汗をかくことの前後にはこまめに水分を取るようにしましょう。

また、水分補給の際にはコーヒーや緑茶などは利尿作用があるため、かえって脱水症状をすすめてしまう可能性もあるのでおすすめできません。

このページの先頭へ