熱中症の予防に役立つものとは?

熱中症予防グッズ:食べ物・飲み物など

熱中症を予防するためには、暑い環境に長時間いることを避けるのが第一であり、それが不可能ならば汗によって失われた水分と塩分の補給を行うことが急務となります。

そのためにはどのような予防グッズがあるかを見てみましょう。

  • 塩熱飴

これは熱中症対策の定番と言えるもので、夏季の作業現場などには必ずと言っていいほど常備されているものです。

筆者も以前セメント工場で働いていたことがありますが、外での作業に従事する従業員のために塩熱飴が常備されていました。

暑さによって汗をかいた時、体は水分を失うばかりではなく塩分をはじめとした電解質を失います。

この時に水だけを補給すると体内の電解質濃度は下がり、体は電解質濃度を保とうとして異常な発汗を行います。

これを防ぐために、水を飲むと同時に塩熱飴を食べることで電解質も補給することが大切です。

  • スポーツドリンク

アクエリアスやポカリスエットといったスポーツドリンクにも電解質が含まれているため、熱中症対策に効果があります。

ただし糖分もたくさん含んでいるため飲みすぎは好ましくなく、普段は麦茶などから水分を補給し、多量の発汗があった時にはスポーツドリンクを飲むのが良いでしょう。

その他のグッズ

  • ネッククーラー

これは水を含ませて首に巻いて利用します。

首には太い血管が通っているため、その部位で含まれた水の吸熱反応によって冷やします。

体全体の体温を効果的に下げることができる商品ですが、より清涼感が得られる生地を使用しているものもあります。

この他にも後頭部をさますものなどの類似商品があります。

  • 応急キット

熱中症対策に役立つ品物が一通り入っているキットも売られています。

体温計やミネラルウォーター、瞬間冷却剤など様々なものが入っています。

ここで使われるミネラルウォーターは経口補水液というもので、人間の正常な体液と同じ電解質を含んだ水分です。

これを飲むことによって、効率よく水分補給を行うことができます。

また、瞬間冷却剤も非常に役立つものです。これは袋を強くたたくと急激に冷える袋であり、これを首や内腿などにあてることで体を冷やすことができます。

一度使えば瞬間冷却剤としての役目は終わりですが、その後も冷凍庫で冷やすことで蓄冷剤として使えます。

熱中症の時には水分補給と同時に体を冷やすことが何より大切になるため、熱中症のリスクが高い場面ではこのような応急キットを備えておくと安心です。

このページの先頭へ