熱中症とは?

熱中症とは何か?

暑さによって体調をくずしたときに「熱中症になった」と表現しますが、熱中症とは細かい分類の元に付けられた病名ではなく、暑さによって生じる障害の総称をいいます。

夏の晴れた日、普段は室内で過ごしている人が屋外で作業をしたりすると、熱中症になることがあります。

また、時には屋内で30度未満の環境でも、作業環境によっては熱中症になることがあります。

熱中症の症状

熱中症になった時に現れる症状は大きく3つに分けることができます。

  • 熱けいれん

人間は汗をかくと、単に水分が失われるのみではなく、同時にミネラルも失われます。

そのため、暑さによって大量に汗をかいたにもかかわらず水のみを補給し続けると、血液の塩分濃度が低下します。

その結果筋肉の興奮が高まり、手足や腹筋にけいれん・筋肉痛が起こります。

  • 熱疲労

暑さで汗をかき水分を失うと、全身に倦怠感、脱力感、めまい、吐き気、頭痛等の症状がおきます。

軽度の場合には体温が上昇します。

  • 熱射病

熱射病は熱中症の症状の中でも特に重篤なものです。

暑い環境で脱水して体温が上昇し、体温を調節する機能が壊れてしまうため、体温を下げることができなくなり意識障害も生じます。

意識障害は軽度であれば周囲の状況が分からなくなる程度で済みますが、重度になると昏睡に陥って死亡することもあります。

速やかに病院に搬送して冷却措置が必要となります。

熱中症を疑うことが大切

熱中症を予防するためには、熱中症の可能性を示唆する変化が起きた時にはすぐに熱中症を疑い、適切な措置を取ることです。

例えばめまい、筋肉痛、大量の発汗、頭痛、吐き気、倦怠感、意識障害、手足の運動障害、高体温などの症状がおきた時です。

この時には、まず意識の確認を行います。

意識がある場合には体温を下げることが必要であるため、涼しい場所へと避難させて衣服を脱がせ、冷却を行います。

そして水分を自力で摂取できるならばスポーツドリンクなどの塩分を伴った水分を補給します。

もし水分を自分で摂取できない場合や摂取しても改善しない場合には、医療機関に搬送することとなります。

もし意識がなかったり返事がおかしかったりしたならば、救急隊を要請します。

救急隊到着まではもちろん涼しい場所で冷却を行います。

そして救急隊が到着したら医療機関へ搬送し、適切な処置を行います。

このように、熱中症の症状が見られた時にはすぐに対応することが大切です。

このページの先頭へ