ノロウイルスの予防方法とは?

ノロウイルスは予防できる

ノロウイルスを予防するためにはウイルスに接触したと思った時や、それ以外でも外出後などはきちんと手洗いすることを怠らないことで、確実に感染確率を下げて予防することが可能です。

ここでは、効果的な予防方法を紹介します。

食品を正しく処理する

ノロウイルスの感染源の代表的なものは、ウイルスに感染した牡蠣などの二枚貝を生のまま食べる、または十分に加熱しないまま食べると言うことです。

したがって、ノロウイルスを予防するために、一番いいのは煮る、焼く、炒めるなどで十分に加熱することであり、十分に加熱したカキフライや焼き牡蠣、パエリアとしてよく炒めたムール貝などから感染することはほとんどありません。

85度の加熱ならば1分以上で効果があります。

また、嗜好からどうしても生で牡蠣を食べたい時には注意が必要です。

牡蠣が流通する冬場はノロウイルスが感染した牡蠣が多くなるため、生で食べることによって感染することが多くなるからです。

そのため、体質的に強くノロウイルスに罹りにくい人ならば問題ないのですが、それ以外の人にオススメなのは白ワインにさらして食べると言うことです。

白ワインは非常に殺菌力が強く、ノロウイルスと同じく食中毒の原因となるサルモネラ菌や大腸菌10万個を白ワインに浸すと、約10分で10万個から数個になることが分かっています。

つまり、ほぼ全ての菌を殺す力があるので、牡蠣を白ワインにさらして食べると言う方法は非常に合理的です。

また、牡蠣などの感染源を調理する時、調理器具には注意してください。

例えばそれら食品を扱った手や包丁、まな板などはきちんと洗ってから次の食品を扱うようにしなければ感染してしまいます。

糞便などの処理に注意

乳幼児・高齢者が下痢やおう吐をした場合には、育児・介護にあたっている人が処理することもあるでしょう。

そのような場合には、直接手に触れたならば感染を引き起こす原因となります。

そのため、マスクや手袋をしてから処理に当たりましょう。

また、ノロウイルスは感染力が強いため、感染者が利用した便器を清掃するときにも感染の可能性があります。

この点には十分に注意してください。

処理後は手洗いなどをすることになりますが、ノロウイルスは消毒用エタノールや石鹸には強く「完全に消毒できる」という確証が得られていません。

したがって、手洗いの際に石鹸を使うとともに、大量の水で物理的に洗い流すことが感染予防につながります。

このページの先頭へ