ノロウイルスの予防に役立つものとは?

予防に立つもの

ここでは、ノロウイルスに役立つ方法やアイテム等を紹介していきます。

  • 大量の水

外出先から屋内に入るときに、消毒用エタノールで簡単に消毒を済ませている人がいるでしょう。

それによって、確かに多くのウイルスや細菌を死滅させることができますが、ノロウイルスはエタノールで死滅することがないため、この方法は予防のためには役立ちません。

役立つのは大量の水です。

つまり、石鹸やエタノールで死なないノロウイルスは、大量の水と強い水流によって物理的に洗い流すのが最も適切なのです。

したがって、外出先から帰った時や、自分がノロウイルスに罹って下痢やおう吐をした後、あるいは患者の便や吐しゃ物を処理した後には石鹸による手洗いと同時に、大量の水で洗い流しましょう。

  • マスクとゴム手袋

乳幼児や高齢者が患者である場合には、嘔吐物や便を処理してあげたり、患者が利用した後のトイレを掃除する機会があるかもしれませんが、この時にはゴム手袋とマスクを着用するようにしてください。

ノロウイルス患者の便や吐しゃ物にはノロウイルスがたくさん生息しているため、これが二次感染につながる可能性があります。

そのため、処理の際にはゴム手袋をはめて処理をすることで、直接手に触れないようにしましょう。

また、それらを清掃中にそれに触れた水の飛沫が口に入ることによっても十分に感染の危険があるので、マスクも付けることがお勧めです。

これは処理の時はもちろん、例えば乳幼児の肛門に座薬を入れてあげるときなどにも実践してください。

予防に役立たないもの

役立つものと重複する箇所もありますが、一般的に効果があると信じられている物の中で効果がないものを知っておく必要があります。

  • 消毒用エタノール

消毒用エタノールで手もみをすれば十分と信じられていることがありますが、これはノロウイルスには全く効果がありません。

したがって、ノロウイルスに感染した食材を触れさせた後の調理器具や食器に対してアルコール消毒をするのも無意味です。

  • 塩素

調理器具や食器、ふきんなどを消毒するときによくつかわれるのが塩素ですが、これも十分な効果が確認されていません。

したがって、調理器具や食器は洗剤で洗った後に熱湯をかけることでノロウイルスを死滅させ、ふきんなどは鍋で煮沸することが最も効果的な方法となります。

  • 胃腸薬

嘔吐と下痢の症状から素人判断で胃腸薬を飲む人もいるかもしれませんが、これもノロウイルスを殺す効果はないため、無意味です。

このページの先頭へ