ノロウイルスの予防にはどのくらいの費用がかかるの?

費用はかからない

色々な病気を予防する時にはそれなりの費用がかかるものですが、ノロウイルスを予防するためには、費用はほとんどかかりません。

もし予防のために効果的なワクチンなどが開発されているならば、それによって予防することができるため予防接種のための費用を提示することができますが、現在まだ効果的なワクチンは開発されておらず、一度感染した人に作られる免疫も1~2年で失われるとされているため、ワクチンの開発が実現するのはまだまだ先のことになるでしょう。

したがって、予防のために行う方法は料理の際に調理する人がきちんとした衛生管理を行うことや、食べる人もきちんと手を洗ってから食べるなどの原始的とも言える予防方法しかありません。

しかし、この原始的な予防方法によって、感染は十分に予防することができます。

かかる費用

強いてかかる費用を挙げるならば、十分に手洗いをするための水道代や、十分に滅菌するための入念な加熱調理に伴うガス代くらいのものでしょう。

また、化学的な消毒のために効果的とされている塩化ベンザルコニウム(石鹸)、消毒用エタノールはほとんど効果がなく、調理器具の滅菌に広く用いられる塩素系漂白剤も消毒力は不十分と考えられています。

ただし、現時点では消毒のためには塩素系漂白剤が比較的効果的ではないかと考えられていることから、これを用いた消毒が効果的と言えます。

つまり、感染者がいる家庭や施設では二次感染を防ぐためにも、トイレやドアノブ、蛇口、手すりなどを汚れを落とした後に塩素系漂白剤を用いて消毒するのです。

したがって、掛かる費用には塩素系漂白剤の購入費用である数百円も挙げられますが、これは濃度を濃くして使えばノロウイルスに対する効果が高まると言う明確なデータがないため、説明書通りに使うことになるため、消毒のための1回当たりの費用は数円で済むことになります。

まとめ

以上のように、ノロウイルスの予防のためにかかる費用は微々たるものです。

お金を支払って予防するとなると人は懸命に取り組むのですが、お金がかからないとなると適当に行ってしてしまうことが多いものです。

しかし、お金がかからなくとも確実に効果的な方法なので、こまめに実践していく姿勢が予防のために必要なことと言えます。

もし適切に予防せずに感染してしまえば非常に辛い思いをするだけでなく、治療のために予防以上の費用がかかることとなります。

このページの先頭へ