インフルエンザを発症するとどんな症状が出るの?

インフルエンザの症状

インフルエンザに感染したときには、普通の風邪とは違い様々な重篤症状が出ることとなります。

突然38度以上の高熱がでたり、関節痛、筋肉痛、頭痛、倦怠感、食欲不振などが強く現れます。

インフルエンザウイルスに感染すると、1~3日の潜伏期間を経た後、インフルエンザが発症することになります。

発症後の最初の1~3日は38度以上の高熱、食欲不振、および倦怠感、筋肉痛、関節痛などが体全体にわたって症状として現れるといった特徴があります。

この症状より遅れて咳やくしゃみ、鼻水などの呼吸器に特定された症状がおきます。

この時、消化器症状の吐き気や下痢が現れることもあります。

これらの全ての症状は、通常10日程度で落ち着き、完治となります。

普通の風邪とインフルエンザの違い

普通の風邪もインフルエンザもウイルスが原因で引き起こされるものです(風邪は細菌が原因となることもあります)が、この両者には様々な違いがあります。

まず、風邪は年間を通していつでも発症する可能性があるものですが、インフルエンザは11~12月頃から流行が始まり、1~3月にピークとなります。

これ以外の季節にインフルエンザになることはほとんどありません。

症状の程度にも大きな差が現れます。

普通の風邪は、多くの場合発症したら緩やかに症状があらわれ、発熱しても38度以下の微熱であることが多いです。

これ以外にくしゃみ、咳、鼻づまりなどが主な症状となります。

これに対してインフルエンザは、発症したら急に症状があらわれ、発熱は38度以上の高熱になります。

そのほかの症状もくしゃみや咳にとどまらず、全身の倦怠感や食欲不振などの全身症状が起こることが特徴です。

さらに、インフルエンザに罹った時には肺炎や脳炎などを合併して重症化することもあり、最悪の場合には死に至ります。

インフルエンザの合併症で代表的なものとしては、インフルエンザ脳症と二次性細菌性肺炎があります。

インフルエンザ脳症は5歳以下の乳幼児に多く、命にかかわる病気であるため、注意が必要です。

また、二次性細菌性肺炎は高齢者に多く、これも命にかかわります。

症状の早期改善のために

症状が現れた時、それを改善するためには、インフルエンザウイルスの増殖を如何に素早く抑えることができるかと言うことが大切になります。

そのため、抗インフルエンザウイルス薬をできるだけ早く服用することがポイントとなり、発症後すぐにこれを服用すれば発熱の期間が1~2日程度短縮され、非常に楽になります。

このページの先頭へ