インフルエンザはどうして予防することで発症を防ぐことができるの?

どうして予防することで発症を防ぐことができるか

そもそも、インフルエンザや風邪などの、細菌やウイルスに感染することで発症する病気は、その原因となる細菌やウイルスに感染することを予防すれば発症を防ぐことができます。

つまり、インフルエンザの予防とは、ウイルスの感染を防ぐこと、あるいは感染の確率を下げることであり、そのためにはどのようにウイルスに感染してしまうのかを知らなければなりません。

インフルエンザウイルスに感染するケースを調べてみると、感染者の咳やくしゃみによって飛散したウイルスを吸引することや、空気中に漂っているウイルスを吸引することによって感染するパターンが多いようです。

したがって、感染者に近づかないことによって、感染者の咳やくしゃみに接触しないようにし、さらにもし何らかの過程で空気中に漂っているウイルスが侵入したとしても、そのウイルスが体内で増殖してインフルエンザを発症させないための免疫力を備えていれば発症する可能性は確実に下がります。

また、ワクチン接種によって、微量のインフルエンザウイルスを体内に入れることで、あらかじめ体がインフルエンザと闘うための予行演習を行うこともできます。

そのため、ワクチンを接種しておけば、次にインフルエンザウイルスが体に入ってきたときに、十分に戦う準備ができている状態になり、発症を防ぐことができ、もしも発症した場合でも症状をかなり軽くすることができるのです。

もっとも、流行するウイルスの型は毎年異なるため、その年に応じたワクチンを接種しなければなりません。

さらに、ワクチンの効果は1年間であるため、発症を防ぐためには毎年接種することが欠かせません。

このように、ウイルスに感染する機会を減らすこと、そして感染した場合でも発症を防ぐための準備を事前に行っておくことによって、インフルエンザの発症は防ぐことができます。

発症を防ぐためのより効果的な方法

以上でいくつかの予防方法についても触れましたが、中でも重要な予防のポイントは何なのでしょうか。

ずばり、効果的な予防に最も大切なことは、ウイルスに接触する機会を徹底的に減らすことです。

具体的には、室内を加湿機などでウイルスが活動するのに適していない状態にしておいた上で、不要な外出を避けるようにすれば、インフルエンザウイルスに接触する機会が少なくなるため、発症を防ぐことができます。

さらに、ワクチン接種を受けて、万一の場合に体の状態も万全に備えておけば尚効果的です。

このように、室内の加湿、不要な外出の自粛、ワクチンの接種という対策を取り入れることで、インフルエンザの発症はかなりの確率で防ぐことができるでしょう。

このページの先頭へ