インフルエンザの予防方法とは?

インフルエンザワクチンの接種

インフルエンザの予防方法として最も確実なものは、インフルエンザワクチンの接種でしょう。

ワクチンを接種することによって、インフルエンザに罹る確率が低くなるのはもとより、もし感染した場合にも症状は軽くなり、死にいたる確率も大幅に下げるなど、健康被害を最小限に抑えることができます。

インフルエンザウイルスにはA型とB型があり、その年の冬にどちらの型が流行るか予測して製造されています。

ワクチンの効果は1年間であるため、体力や年齢的に不安がある人は毎年接種することが望ましく、そうでない人も受験の年などここ一番の時には必ず接種するとよいでしょう。

手洗い、うがい、マスク

手洗い・うがい、そして外出の際にマスクを着用することはインフルエンザ予防の王道です。

手洗いの際には手首までよく洗って手や指についたウイルスを物理的に流すことで予防効果が得られ、うがいも口内のウイルスを吐き出すことができるので効果的です。

また、外出をした際にはどこでインフルエンザウイルスに感染した人に遭遇するか分からないため、マスクを着用することも大切な予防法になります。

その他の予防法

上記の予防法はインフルエンザ予防のための基本的な方法です。

この方法以外に効果的な方法があるので、それらも見ておきましょう。

  • 栄養と休養を十分に摂る

これは免疫力を高めると言う点において非常に大切なことです。

食べ過ぎや肉食は体に毒と言われますが、体力をつけて免疫を高めると言う意味においては、たくさん食べる事や肉を食べてスタミナをつけることはとても効果があります。

また、睡眠不足は免疫力低下につながるので、よく眠ることも大切です。

  • 人ごみを避ける

人がたくさん集まるところには、病原体となるウイルスもそれだけ多くいるものですから、人ごみを避けることでウイルスを寄せ付けないことができます。

  • 適度な温度と湿度を保つ

インフルエンザウイルスは温度と湿度が低い環境を好みます。

したがって、暖房器具で部屋を温かくし、さらに加湿器を用いて乾燥を避けることによって、ウイルスが活動できない環境にしておくことは非常に効果的です。

この中でも特に有効と言えるのが加湿器の利用です。

そもそもインフルエンザがなぜ冬に流行するかといえば、乾燥した気候でインフルエンザウイルスが活発になるためです。

したがって、湿度を高めておけば少なくとも室内でインフルエンザに感染する可能性は非常に低くなります。

このページの先頭へ