インフルエンザの予防のために日々の食生活でどんなことに気を付けるべき?

肉を食べる

インフルエンザを食生活の中で予防していくためには、いかにスタミナをつけるかと言うことも大切になります。

そのため、肉食をすることは良いことです。

この時に勘違いされがちなのが、豚肉は食べない方がいいと言うものです。

これは、数年前に発生した新型インフルエンザが当初「豚インフルエンザ」と呼ばれていたことから広まった噂のようです。

しかし、農林水産省も発表している通り、豚肉を食べることでインフルエンザに感染することはないので、安心して食べてください。

肉には良質なアミノ酸が豊富に含まれており、これには疲労回復効果があります。

疲労回復効果があると言うことはすなわち免疫力を高める効果もあると言うことであり、インフルエンザ対策に適しているのです。

滋養強壮に効く物

インフルエンザに抵抗する免疫力を付けるためには、滋養強壮に良いものを食べるのが効果的です。

もちろん上述の肉もそうなのですが、このほかにもねぎ、しょうが、にんにく、唐辛子、山芋といった食材が免疫力アップに一役買ってくれます。

生の野菜や果物

この他、生の野菜や果物を食べることも効果的です。

なぜならば、生の野菜・果物には酵素が豊富に含まれているからです。

酵素は炎症を解消する効果があるため、これらを食べることで喉の炎症を抑えてくれます。

炎症が起きている部分はウイルスが取り入るには適した環境になってしまうため、炎症を抑えることはインフルエンザ対策に有効です。

酵素は生の野菜や果物ならばほとんどの食材から摂取することが可能であり、生の魚である刺身等からも摂取可能です。

しかし、特に多く含んでいる食材としては、果物ならばバナナ、キウイ、パイナップルがよく、野菜ならばきゅうり、玉ねぎ、大根、トマトなどがお勧めです。

このほか、生のものでなければ味噌、納豆、ヨーグルトなどの発酵食品には酵素が豊富に含まれているため、これらの食品を食生活に取り入れることも良いでしょう。

たくさん食べる

無理して食べ過ぎる必要はありませんが、意識的によく食べることは予防のためには効果的です。

食べると言う行為は生きる行為そのものであり、しっかりと食べられる人は比較的健康になりやすく、あまり食べられない人はどうしても病気になりやすくなってしまうという傾向があるようです。

つまり、病気に対抗できる健康的な体を作れるかどうかは、毎日の食事で摂取している栄養量に比例していると言っても過言ではないのです。

したがって、たくさん食べて十分な栄養を摂ることは予防にも効果があるのです。

このページの先頭へ