インフルエンザの予防に役立つものとは?

インフルエンザ予防のためにはワクチン接種以外にも様々な方法があります。

そのなかで便利なグッズなどを見てみましょう。

殺菌するもの

  • 薬用石鹸

手洗いの際には石鹸を用いますが、その時には殺菌や消毒を謳っている薬用せっけんを利用すればより効果があります。

  • ウェットティッシュ

ウェットティッシュは殺菌・除菌効果があるため、これを携帯しておくことで手洗いが不可能な環境で手に付着したウイルスを除去するのに大変便利です。

  • うがい薬

うがいを行う場合には水道水で行うよりも、殺菌効果のあるうがい薬で行うことが望ましいでしょう。

もしうがい薬がない場合には塩水で行うのがいいようです。

  • のどスプレー

のどに直接スプレーを噴射するものが市販されています。

うがいができない時にはこれが効果的であり、携帯しておいて人ごみに行く前に使うと効果的です。

また、のどが炎症を起こしているときにはウイルスに感染しやすいため、炎症の予防のためにも効果があります。

これが苦手な場合にはトローチなどでもよいでしょう。

  • 緑茶

緑茶に含まれるカテキンは、インフルエンザ予防に効果的とされています。

したがって、外出先でうがいができない時でも、お茶を飲むだけで予防効果があるため、水筒に緑茶を詰めて携帯しておくと便利です。

  • 除菌スプレー

これはドアノブや手すりなどのウイルスが付着しやすい場所でも、触ることなく直接吹きかけて使えるため便利です。

界面活性剤を使用していない人体に安全なものもたくさん販売されています。

  • 除菌ジェル

これは、手に塗ることで除菌できるものです。

商業施設や医療施設の玄関に置かれていたものの類似品が市販されたものであり、携帯しておけば外出先で使えて便利です。

ウイルスとの接触を避ける物

  • サージカルマスク

普通のマスクではなく、サージカルマスクがより効果的です。

これは医療行為にも利用されるマスクであり、普通のマスクより効果が高いとされています。

  • バギーマスク

これはベビーカーを包んでベビーカーごとマスクするものです。

赤ちゃんにはマスクができないため、人ごみに出かけるときにはバギーマスクがお勧めです。

  • クレベリンゲル

これは部屋においておくことで、浮遊しているウイルスや細菌を殺してくれるものです。

ウイルスを99.99%除去するとしています。

  • 加湿機

湿度が高い状況下ではインフルエンザウイルスは活発に活動することができないため、加湿機をかけて部屋の湿度を高めておくことは非常に効果が高い方法です。

 

以上のように、インフルエンザの予防グッズには色々なものがあるため、シーンに合わせて必要に応じて組み合わせて活用すればインフルエンザを効果的に予防することができます。

このページの先頭へ