インフルエンザとは?

インフルエンザとは

インフルエンザとは急性感染症の一種であり、インフルエンザウイルスによって引き起こされます。

略称として“インフル”と呼ぶことも多いです。

日本をはじめとした温帯の地域では季節性インフルエンザが冬季に必ずといっていいほど流行することが知られています。

通常は11月の下旬から始まり、1~3月ごろに患者数が増加することで知られています。

この時期は奇しくも受験のシーズンと重なっているため、受験に備えてインフルエンザ予防を行ったという人も多いのではないでしょうか。

インフルエンザに罹ると普通の風邪とは違い、急速に悪寒、発熱、筋肉痛、頭痛などが起こり、下痢やおう吐などの胃腸症状がおきることもあります。

発熱の程度も通常の風邪とは明らかに異なり40度ほどの高熱が出ることもよくあるため、患者は相当に辛い時間を過ごすことになります。

体力が乏しい高齢者などがインフルエンザに感染したときには、インフルエンザウイルスに打ち勝つ抵抗力がないために死にいたることもあるため、恐ろしい病気であると言うことができます。

インフルエンザにはA型とB型とがありますが、A型インフルエンザは特に感染力が強く、症状も重くあらわれる傾向があります。

インフルエンザは感染症である

インフルエンザは感染症です。

主に以下の3つのルートで感染が広がります。

ひとつ目は患者の粘液が他人の粘膜や口から直接はいるもの、二つ目が患者の咳やくしゃみ等によってウイルスが飛散し、それが他人の体内に入って感染するもの、三つ目が患者のウイルスが付着した物を介してウイルスが侵入すると言うものです。

そのため、インフルエンザが流行する時期にはマスクを着用してくしゃみや咳などから感染することを防ぎ、さらには屋外から屋内に移動するときには手洗いなどをして感染を防ぐことが大切なのです。

なお、これらの感染経路の中でも咳やくしゃみ等による飛沫感染が最も多いとされているため、この時期にはマスクの着用は欠かせません。

感染力が強いことと患者自身にも安静が求められることから、発症当日から通勤や通学は控え、症状が軽くなってからもその後2日ほどは外出を控えたほうがよいとされています。

特に、このような感染力が強い病気に罹患した人が集団的営みを行う場所に完治していないままいくことは非常に危険なことであり、集団感染を引き起こす危険性もあります。

実際に、インフルエンザに罹った社員に出勤を強要した会社で、集団感染が起こったケースもあります。

このページの先頭へ